So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラマ『Nのために』無料視聴


ドラマ『Nのために』見逃したあなたに無料で配信
前の10件 | -

Nのために人気は衰えず成杉二次小説が盛ん、それもR18版 [Nのために 原作・湊かなえ]

「Nのために」は、原作・ドラマ共に人気は衰えず、
成瀬と杉下の2人が中心の2次小説が盛んの様です。

それもR18版での加筆や新たなストーリーが生まれています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

窪田正孝 Nのためにで受賞の演技は本物! [Nのために キャスト・出演者(相関)]

窪田正正孝くんは、
「Nのために」の演技で最優秀助演男優賞を受賞してからも、
その演技に増々磨きがかかり、
今またドラマ「デスノート」でもその演技が高い評価を受けています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「Nのために」DVDを視聴した感想 [Nのために 動画]

今期はあまり筆者の琴線にふれるドラマが無いため、「Nのために」のDVDを視聴しましたので、その感想を書いてみようと思います。

まず、ドラマ「Nのために」は昨年12月に放送終了したドラマです。

視聴率こそ振いませんでしたが、半年以上経った今も、ネット上には作品に魅せられた人々の声が絶えないようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ドラマ『Nのために』最終回 ネタバレは無料動画でチェック [Nのために 動画]

今からでも遅くない、ドラマ『Nのために』は最終回を無料視聴できる動画でチェックしよう!

ドラマ『Nのために』の無料動画を探す場合、デイリーモーション(Dailymotion) YouTube Pandora MioMio などから探す方も多いと聞きます。

Story#02_Seen#03

確かにドラマ『Nのために』が視聴できそうな動画をまとめてみると

【YouTube】 【Dailymotion】 【PANDORA.TV】 【FC2】【MioMio】

などがありましたが・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「Nのために」感想”西崎はなぜ罪をかぶって犯人に?” [Nのために あらすじ・ネタバレ]

ドラマ「Nのために」感想=
西崎はなぜ罪をかぶり犯人になったのか?

Story#10_seen#20.jpg

■背景

西崎真人はボロアパート「野バラ荘」1階の住人。

杉下希美は台風で部屋が床下浸水したときに西崎真人と知り合った。

西崎真人は自称作家で「灼熱バード」という小説を書いていた。

杉下希美は小説「灼熱バード」を読んで「灼熱バード」に登場するバードは西崎真人本人で、西崎真人が自分と同様に深い闇を抱えた人間だと気づく。

そして、杉下希美は西崎真人のために(Nのために)、西崎真人の不倫相手・野口奈央子を救出する計画に協力する。



▼「野バラ荘」管理人の野原のために

杉下希美と西崎真人の2人は、「野バラ荘」がマンション開発計画によって土地売却を迫られている事を知り、野バラ荘を守るために(Nのために)、ビル売却に反対している資産家の息子・野口貴弘に近づこうと考えた。

ドラマでいうところの「N作戦」だ。



▼野口奈央子のために

ここからはドラマでいうところの「N作戦-Ⅱ」(奈央子救出作戦)

原作では高層マンション=「ラプンツェル」から”お姫様”を助け出す作戦になぞらえている。

↓↓↓続きを読む↓↓↓


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「Nのために」感想”安藤はなぜチェーンを?” [Nのために あらすじ・ネタバレ]

ドラマ「Nのために」で、安藤はなぜチェーンを掛けたのだろうか?
そんな”疑問”を持った視聴者や原作読者の方は多かったのではないでしょうか?

わたし自身も、安藤の不可解な行動を理解出来ず、疑問のまま消化できないでいました。

Story#10_seen#18.jpg

▼安藤は疎外感を感じていた為の行動(?)

安藤は事件当日、希美と西崎が何か企んでいると薄々気づいていました。

野口夫妻宅のマンションのエレベーターで、西崎と偶然にも出会ってしまい、その思いを強くしました。

希美と西崎、そして「希美の彼氏」が野口宅に来ると西崎から聞いた安藤。

なぜ自分だけ何も知らされていないのかという疎外感を感じます。

自分だけ外されたという疎外感から、事件のあった野口夫妻のマンションの外側についているチェーンを掛けました。

自分の知らないところで、この部屋の中で何かしてるんだろ。
出られないようにしてやる!という”いたずら心”からだったも思えます。

エレベーターホールで安藤と鉢合わせしてしまった西崎に向かって、安藤は「なんか企んでるんだろう?」と疑います。


西崎は「偶然だ。縁があるというやつじゃないのかな。」と誤魔化そうとしますが、成瀬も一緒じゃないのか?と安藤に問い正され、「なにしろ彼は杉下の罪の共有、究極の愛の相手だ。」と成瀬のことを口を滑らせてしまいます。

西崎の言葉に、安藤は野口にラウンジで待っているよう言われるますが、希美のことで頭がいっぱいになってしまいます。

そして、安藤の心の中は嫉妬とも不安ともつかない気持ちでいっぱいになってしまいます。

そして、48階の野口の部屋へ行き、インターフォンを押そうとするが、ふと、玄関の外側のチェーンをかけてしまいます。

↓↓↓続きを読む↓↓↓


「Nのために」最終回感想ブログ【後半】 [Nのために あらすじ・ネタバレ]

ドラマ「Nのために」最終回の感想ブログ【後半】になります。

最終回の感想ブログ【前半】に引き続いて、あらすじに沿ってご覧ください。

原作とは少し異なるエンディングになってはいますが、これはこれでとてもよくできた脚本で、しっかりとそれぞれの”Nたち”の、”その先”を描いています。

誰にも頼らずに生きていこうと決意していた希美の心の変化にも、関わって来た”Nたち”の想いが影響しているのでしょう。

少し明るい、希望の持てるエンディングになりました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「Nのために」最終回感想ブログ【前半】 [Nのために 感想・セリフ]

ドラマ「Nのために」最終回の感想ブログ【前半】をあらすじ沿ってご覧ください。

Story#10_seen#01.jpg

―2004年12月24日 事件当日―

希美(榮倉奈々)は書斎で、野口(徳井義実)に将棋で安藤(賀来賢人)に勝つための対策を教えていた。

そして、「N作戦Ⅱ」を実行し、成功させるためには、西崎(小出恵介)が到着するまで、書斎に足止めしなければならないと考えていた。


しかし、奈央子(小西真奈美)を連れ出すはずである当の西崎は、到着時刻の5:30を過ぎても現れない。


5:45が過ぎ、希美はもうこれ以上引き延ばせないと焦る…。

↓↓↓続きを読む↓↓↓


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ「Nのために」ネタバレ【撮影ロケ地情報】最終話 [Nのために ロケ地]

テレビドラマ「Nのために」最終話、副題「明かされる事件の真実…N達の未来」での舞台は、東京と青景島になります。

また今回も、使用された撮影場所・ロケ地情報 (2014/12/19 放送 最終話 )をお知らせいたします。

ついに最終回!!!

ドラマのあらすじには欠かせないロケ地・撮影場所をご紹介します。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ「Nのために」ネタバレ最終回”まさかの”結末 [Nのために あらすじ・ネタバレ]

ドラマ「Nのために」も、いよいよ最終回を迎えます。

Story#10.jpg

今回のネタバレは、感の良い方でも”まさか”と思った奈央子の取った行動は意外だったのではないでしょうか。

原作ではドラマほど詳細に描かれてはいませんが、西崎の背景描写で予測がつきます。


さて、前週の第9話で青ヶ島での「さざなみ放火事件の真相」が明らかになり、タワーマンションでの野口夫妻殺害事件の真実も見えてきましたが、「Nのために」もついにクライマックスです。

今回も、第10話=最終回のネタバレ(原作と違う結末です)を書きますので読んでくださいね。



■最終回(12/19)あらすじ

ー2004年ー

12月24日事件当日、

希美(榮倉奈々)は、野口家の一室で野口(徳井義実)に将棋で安藤(賀来賢人)に勝つための対策を教えていた。

そして奈央子(小西真奈美)を守るための“N作戦Ⅱ”の連れ出し役である西崎(小出恵介)の到着を待ちわびていた。

西崎の到着予定時刻はとうに過ぎていて、希美は焦っていた。



“N作戦Ⅱ”は、安藤を作戦から外したことや、成瀬を巻き込んでしまったこと、そして何よりも野口夫妻の関係性を見極められなかったなどから、作戦はほころびを見せ失敗という結末を迎えようとしていた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -
Copyright © 榮倉奈々「Nのために」ドラマ原作ネタバレ結末あらすじ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
出産手当金

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。