So-net無料ブログ作成

「Nのために」最終回感想ブログ【前半】 [Nのために 感想・セリフ]

ドラマ「Nのために」最終回の感想ブログ【前半】をあらすじ沿ってご覧ください。

Story#10_seen#01.jpg

―2004年12月24日 事件当日―

希美(榮倉奈々)は書斎で、野口(徳井義実)に将棋で安藤(賀来賢人)に勝つための対策を教えていた。

そして、「N作戦Ⅱ」を実行し、成功させるためには、西崎(小出恵介)が到着するまで、書斎に足止めしなければならないと考えていた。


しかし、奈央子(小西真奈美)を連れ出すはずである当の西崎は、到着時刻の5:30を過ぎても現れない。


5:45が過ぎ、希美はもうこれ以上引き延ばせないと焦る…。そして、しかたなくヒントを与えると、野口はすぐに次の手に気づいてしまった。

Story#10_seen#02.jpg

そして「安藤君のを僻地行きは決定だな。」とつぶやく。


5:50にやっと、花屋に変装した西崎が野口家に到着する。

しかし、エレベーターホールで安藤と鉢合わせしてしまう。


安藤は「なんか企んでるんだろう?」と疑う。


西崎は「偶然だ。縁があるというやつじゃないのかな。」と誤魔化そうとするが…。

「なにしろ彼は杉下の罪の共有、究極の愛の相手だ。」と成瀬のことを口を滑らせてしまう。


西崎の言葉に、安藤は野口にラウンジで待っているよう言われるが、希美のことで頭がいっぱいになってしまう。


安藤の心の中は嫉妬とも不安ともつかない気持ちに…。


そして、48階の野口の部屋へ行き、インターフォンを押そうとするが、ふと、玄関の外側のチェーンをかけてしまう。


なぜ?そんなことをしてしまった!?安藤!


安藤の心の中声でその理由(気持ち)が明らかにされている。

「杉下、本当に困ったら、誰に助けを求める?」
「誰に頼る?俺に電話をかけて来い!」

原作ではここまで具体的に表現されてはいない。



その頃、西崎は奈央子を連れ出そうとする。

しかし……。



ーここでも、すれ違いが!ー

奈央子:「違うの。私じゃないの。」

「希美ちゃんを連れ出してほしいの。」

西崎:「杉下?」

奈央子:「奥の書斎に主人とふたりきりでいるの。」

「あの子、いつも私に隠れて主人と連絡を取り合ってる。」

「今日の食事会もあの子が主人をそそのかしたの。」

「早く希美ちゃんを連れて帰って。」

「仲がいいんでしょ。」

「あなたならできるでしょ。」


なんと、奈央子はすっかり勘違いしてしまっていたのだ。

と、いうより、西崎も希美も奈央子、いや野口夫妻の関係性を見誤ってしまっていたのかもしれない。

それなのに”こんな計画”を立ててしまった…。



ーその頃希美はー

必死に、安藤を守る方法を考え出していた。

もうすぐ西崎が奈央子さんを連れ出しに来る。

そのことを白状して、野口さんが西崎さんを殴れば傷害罪で訴える事が出来る。

そうすれば、安藤との将棋の勝敗はなくなり、安藤を救う事が出来る。

それに、奈央子さんへのDVも明らかになれば、奈央子さんを引き離し救う事が出来る。



希美:「奈央子さんはこの家を逃げだすつもりです。」
「転んで流産したなんて嘘ですよね?」

野口:「奈央子がそう言った?」



ー希美の心の声ー

西崎さん、私もこの人を安藤から引き離したい。



希美:「あなたより奈央子さんを大事に思ってる人が今、迎えにきてますよ。」

野口:「?!!!」


野口は逆上して階下へ降りて行き、そこに居た西崎を見つけ、殴りかかる!


野口:「お前がいなければ、奈央子を疑うことはなかった。」

「お前のせいで俺たちの子は死んだんだ。」



野口に殴られ、蹴られ続けながらも、西崎は逃げるために玄関を開けようとした。

だか、外からチェーンがかけられていて逃げる事が出来ない!?



ーそして起きる悲劇ー

野口の怒りの矛先が、あろうことか奈央子に向けられ…。


野口:「俺を裏切るのか。俺を捨てるのか。」

奈央子:「ちがう。」


野口は奈央子の首を絞める。


割って入ろうする西崎:「もうやめてくれ。」


野口が奈央子に危害を加えるのを、止めさせようと包丁を手にした西崎だったが、野口と揉み合い取られてしまった。

ここは一瞬、やはり西崎が犯行に関わっていると思ってしまう場面です。



野口は、西崎から奪った包丁を振りかざした。

その時、「やめてぇぇ。」と燭台を手にした奈央子は、次の瞬間、野口の頭を殴ってしまう。

Story#10_seen#05.jpg

希美と西崎は驚き…。

希美は慌てて、近くにあったブランケットで野口の頭をおさえるが、頭から大量の血が流れていた。


奈央子:「さわらないで!この人から離れて。」

「この人のこと、止められるのは私だけなの。」

「早くここから出ていって!」

「あなたも。」

「あなたなら、私たちを助けてくれると思ったから、優しくしてあげたんじゃない。」

「その傷も舐めてあげたんじゃない。」


奈央子はそう言うと、野口のそばに寄り添う。


希美は救急車を呼ぼうと外へ出ようとするが、玄関には外側からチェーンがかかっている。


そして、奈央子は落ちていた包丁を手に、自分の腹部を刺して自殺してしまう……。

Story#10_seen#06.jpg



ー西崎の意外な行動ー

希美は「私があんなこと言ったから…」と自分を責める。

しかし西崎は「聞いてくれ。野口を殴ったのは俺だ。」


「奈央子を刺した野口を俺が殺した。」

希美:「何言ってるの?」

西崎:「奈央子を人殺しにしたくない。」

希美:「西崎さんは何もしてないじゃない。

西崎:何も見なかったことにしてくれ。」

「俺が殺した。」

Story#10_seen#04.jpg


ー西崎の母への贖罪ー

西崎:「俺は罪を償いたい。」

「前にも母親を見殺しにした。」

「それを償わずに生きてきて、どう現実に向き合えばいいかわからない。」

「償い終わったら、お前たちと同じように現実を生きていく。」


自分が殺したように偽装工作する、西崎の行動の理由がわかった。



ー罪の共有ー

希美は「そんな嘘、突き通せる自信ない。」と言った。

それに対して西崎は「お前の究極の愛は罪の共有なんだろ。」

「愛はないかもしれないが、罪を共有してくれ。」

希美:「そんなのできないよ…」

Story#10_seen#07.jpg


ー作戦の失敗ー

部屋の電話が鳴る。

フロントに成瀬が来ていた。


「助けて、成瀬くん…」

成瀬は、希美に助けを求められ、慌てて部屋にやってくる。

Story#10_seen#08.jpg


希美:「成瀬君、ごめん。」

成瀬:「どうした、なんかあった?」

西崎:「作戦は失敗だ。警察に通報してくれ。」

「警察には作戦のことはだまっておこう。」

「俺がひとりで奈央子を連れ出すつもりだった。」



ー成瀬の心の声ー

どうして今、自分がここにいるのかわかった。

4年前、杉下は何も聞かずに俺をかばってくれた。

今度は俺の番だ。



ーそして再び”罪の共有”ー

成瀬:「大丈夫だよ。全部、偶然だって言えばいい。」

「杉下と俺は何も知らんかった。」

「今日会ったのも偶然。それでいいね。」


そういわれて、希美は泣き崩れてしまった。


「杉下を守ってやってくれ。」と西崎

成瀬は警察へ通報する。



ー誤算に拍車をかけてしまった、安藤のふとした行動ー

そこへ安藤がやってくるが、玄関にはチェーンがかかっていない…。

希美:「今、ちょっと入らないでお願い。」

安藤:「何があった?」

西崎:「逃げられなかった。」

安藤:「俺のせいだ…。」

Story#10_seen#09.jpg


すぐに警察が到着し、ひとりひとりが事情聴取されることに…。

希美は安藤をかばい、成瀬にチェーンがかかっていたことを警察に言わないで欲しいと頼む。

成瀬は何も言わずに希美の手を握る。

あの日の2人の様に…。



ー希美の心の声ー

「あの日、伝えられなかった思い、すれ違った願いにこたえを出そうとは思わない。」

「けれど10年という歳月がこたえを導き出そうとしていた。」

「それぞれが心の底に閉じ込めて、誰にも知られないまま終わるはずだったその答えを…

それぞれがそれぞれのNを思うことで、こんな悲劇が生まれてしまった…」



▼ネット上のドラマ「Nのために」感想






⇒見逃したドラマ「Nのために」を無料で観る


「Nのために」最終回感想ブログ【後半】へ


スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © 榮倉奈々「Nのために」ドラマ原作ネタバレ結末あらすじ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
出産手当金

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。